MS Office 2013エラーコード0x4004f00cまたは0x4004f00d

MS Office 2013エラーコード0x4004f00cまたは0x4004f00dは、Windowsアクティベーターファイルの破損によるアクティベーションの問題を示しており、プログラムのライセンスとコンピューターのアクティベーションプロセスを処理します。しかし、MS Office 2013テクニカルサポートエキスパートの経験豊富で進歩的なチームは、このブログで説明されているいくつかの簡単な手順でこの重大な問題を解決する方法を見つけました。MSOffice 2013エラーコード0x4004f00cまたは0x4004f00d

MS Office 2013エラーコード0x4004f00cまたは0x4004f00dを修正する手順

ステップ-1:このステップでは、CSSスクリプトを使用したアクティベーション方法を扱います

-「Windows + R」アイコンを押して、実行コマンドを簡単に開きます。

-[コマンドの実行タイプ]セクションで、「cmd」コマンドを入力し、「Enter」ボタンを押してコマンドプロンプトにアクセスします。

-次に、コマンドプロンプトセクションで、MS Office 2013テクニカルサポートプロフェッショナルチームの専門家から、次のスクリプト言語を入力してエラーがないことを確認するように勧められます。

-CSScript:「%Program Files%\ Microsoft Office \ Office15 \ ospp.vbs」/ inpkey:<プロダクトキーを入力>」次に、単に「Enter」ボタンを押します

ステップ-2:ステップは、dll(ダイナミックリンクライブラリ)依存関係の登録プロセスに関するすべてです

-「Windows + R」ボタンを押して、「プロンプトの実行」ウィンドウセクションを簡単に取得します

-ここに記載されているように「regsvr32 Officestart.dll」と同じようにコードを入力し、「Enter」ボタンを押します。

-Microsoft Officeプログラムの見つからない、または未登録のdllファイルは、コンピューターで上記の登録手順を実行することにより修正されます。

ステップ3:TCP 1688方式をブロックするファイアウォールの無効化

-これを行うには、実行ウィンドウに「コントロール」メッセージを入力して、コントロールパネルを簡単に開きます。

-コントロールパネルセクションにある「Windowsファイアウォール」オプションを選択します。

-このステップでは、「ファイアウォールを無効にする」オプションをクリックしてファイアウォール設定をオフにする必要があります。これは、これらの重大な問題の主な原因になります。

ステップ-4:Microsoft Officeの削除と再インストール

-[Windows + R]ボタンを押して[ウィンドウの実行]セクションを簡単に開き、「appwiz.cpl」メッセージを入力します。

-利用可能なすべてのインストール済みプログラムのリストから「Microsoft Office」オプションを選択し、「アンインストール/変更」ボタンをクリックして、コンピューターからプログラムを完全に削除します。

-最後に、目的のMicrosoft Officeプログラムの新しいコピーを再インストールして、MS Office 2013エラーコード0x4004f00cまたは0x4004f00dエラーを簡単に修正します。

ここで、MS Office 2013エラーコードに関連する問題が解決されました。


あらゆるコンピュータに不可欠なソフトウェア任意のコンピュータに最も必要なソフトウェア-新しいコンピュータを購入したか、オペレーティングシステムを再インストールした場合、サイトのこのページには、必要なすべてのソフトウェアとそのインストール手順が表示されます。
デバイスドライバデバイスドライバ(略称:ドライバ、ドライバー、デバドラ)とは、画像ディスプレイモニター、プリンターやイーサネットボード、拡張カードやその他周辺機器など、パソコンに接続されているハードウェアなどをOSによって制御可能にするために用意された、ソフトウェアである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

code