MS Officeエラーコード30033-4の解決方法-手順

MS Officeエラーコード30033-4は通常、MS Officeのインストールプロセスの予期しない停止、システムパフォーマンスの低下、インターネット接続の問題が原因で発生します。最後の問題は、深刻なIPの競合によるものです。

MS Officeエラーコード30033-4しかし、心配することなく、MS Officeの専門家がこの問題の解決策を見つけました。 MS Officeには、プレゼンテーションの設計、Excelシートでのテーブルの作成、MS Wordでのコンテンツの編集、コンテンツの作成など、さまざまな作業上の利点をユーザーに提供するためのさまざまな機能が備わっています。ただし、前述のとおり、MS Officeソフトウェアを使用しているときにいつでもエラーが発生する可能性があります。そのため、この予期しないエラーに対する解決策を以下に示します。

MS Officeエラーコード30033-4を解決する手順

ステップ1:利用可能なすべてのシステム整合性の問題を確認します

-まず、Win + Rボタンを押します

-「cmd」コマンドを入力し、「Enter」ボタンを押します。

-「sfc scannow」メッセージを入力し、「Enter」をもう一度押します。

ステップ2:「Windowsファイアウォールを無効にする」セクションにアクセスする

-「Win」ボタンを押して、「Control Panel」テキストを入力します。 「Enter」ボタンを押します。

-[コントロールパネル]セクションで、検索ボックスにファイアウォールメッセージを入力してから、「\」Windows Firewall \」アイコンをクリックすることをお勧めします。

-次に[Windowsファイアウォールをオンまたはオフにする]オプションを押します

-[Windowsファイアウォールを無効にする(推奨されません)]アイコンをクリックして、アクティブな各ネットワーク接続のすぐ下にあるOutlookエラーコード30033-4を修正するプロセスを完了します。


あらゆるコンピュータに不可欠なソフトウェア任意のコンピュータに最も必要なソフトウェア-新しいコンピュータを購入したか、オペレーティングシステムを再インストールした場合、サイトのこのページには、必要なすべてのソフトウェアとそのインストール手順が表示されます。
デバイスドライバデバイスドライバ(略称:ドライバ、ドライバー、デバドラ)とは、画像ディスプレイモニター、プリンターやイーサネットボード、拡張カードやその他周辺機器など、パソコンに接続されているハードウェアなどをOSによって制御可能にするために用意された、ソフトウェアである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

code